運転中に起きる不思議な現象と事例

 

アーモンド夜間における車の運転では、本人が予想もできない不思議な現象が起こることがあり、それが事故に繋がることもあるので注意しなければなりません。
不思議な現象は昼間でも起こりうるものですが、特に認識が弱くなる夜間のほうが多いので、特に夜間の運転には注意してください。
例えば夜間の運転中に起こる不思議な現象として、蒸発現象と呼ばれるものがあります。
これは夜間における交通事故のかなりの部分を占める原因ですが、こちらのヘッドライトと対向車のヘッドライトが照らし合わされることにより、歩行者の姿がまさに蒸発するように消えて見えなくなってしまう現象です。
見えなくなればよけることができなくなり、はねてしまう恐れもあるため、とても注意しなければなりません。
またこれに似た現象としては、物体に対する認識がまったくないにも関わらず、気が付いたら物にぶつかっていたという現象もあります。
これは夜間で暗いために物に対する認識が弱くなっているためですが、事故に繋がりやすい危険な現象のため、こちらにも注意しなければなりません。
このように、夜間の運転では事故に繋がりやすいとても危険な現象が起こるので、運転では決して気を緩めないように注意してください。