幅寄せされているように見えるのはなぜ?

スイーツ01トンネル内は一般の道路に比べて暗く危険性も高い場所ですので、いつもより注意が必要です。普通の道路を走行していた際には気にならなかったのに、トンネルに入った途端に近くの車から幅寄せされているように感じたことはないでしょうか?実際にはトンネルの前後で何も幅は変わっていなかったにも関わらず、人間の視覚の錯覚でこのように感じてしまうことがあるのです。この錯覚は、トンネル内が周囲に比べて暗いこと、特に照明がオレンジ系で暗いものが多いことも一因です。また、当然ながら両脇は壁で囲まれているわけですから、壁の無い一般的な道路に比べると狭さを感じるものなのです。2台とも同じ幅の間隔を保ちながら走行しているのに、トンネルに入った後でふと気づいたら接近しているように感じてドキッとすることもあるかと思いますが、それはこうした錯覚によるものです。事前にこうした事実を正しく把握し、サイドミラーで中央線や車線との幅を冷静に見てみると、何も慌てることはないというのがすぐに理解できます。トンネル内の運転はこのように色々な面での危険が潜んでいますので、自分の操縦を過信したり、逆に不審に思いすぎたりせず、冷静に判断できるように努めましょう。

コメントは受け付けていません。