暗いとスピードが落ちたように感じる理由とは?

キノコ車の運転はドライバーの感覚で走行していることがあります。スピード感覚もそのひとつで、メーターで確認しなければ速度を出しすぎていたり、速度が落ちていたりすることがあります。
一般道では信号があり、速度を調整する必要があることが多いのですが、高速道路の場合は走行している場所によって速度の感じかたも変わってきます。
例えば幅の狭いトンネルに入ると速度が落ちてしまうことがあります。これは体で感じる体感速度がトンネルに入る前よりも早く感じてしまうため、無意識のうちにアクセルを緩めてしまい速度が落ちてしまうのです。
通常高速道路を走行していると、外の景色はひらけている部分が多くゆっくりと流れて見えます。しかしトンネルに入るとひらけていた景色がトンネルの壁面により急に狭くなり、近くで景色が流れるため強い刺激として視野に入ってくるためアクセルを緩めてしまうのです。
しかしトンネルの中にとても暗いトンネルがあります。暗いトンネルの場合はトンネルの壁面を感じることがなく、一定速度で走行していても速度が落ちているように感じてアクセルを踏む場合もあるのです。
いずれにしてもスピードを確認する必要がありますが、メーターを気にしていても危険なので、トンネルの走行は気をつけなければいけません。

コメントは受け付けていません。