目の錯覚がもたらす危ない瞬間

 

運転中に目の錯覚を起こしてしまうと、判断を誤ってしまい重大な事故に繋がってしまうことがあります。
そのため、このような錯覚を起こしやすい場所では十分に注意をする必要があるのです。

その中でも特に危険なものとして、コリジョンコース現象と呼ばれるものがありこれはふたつの車がそのまま進み続けると衝突してしまう場所に向かって、同じ速度で走っていた場合互いに相手の認識が遅れて重大な事故を引き起こしてしまう現象のことをいいます。
この現象は互いに同じ速度で動いているため、視野の上では常に一定の位置に相手の車が存在することになるので相手は停車していると思い込んでしまい、交差点に差し掛かかった時に事故を引き起こしてしまうことになるのです。
これは見晴らしの良い場所で起きることから、十勝型交通事故とも呼ばれ非常に危険なものとなっているのです。
そのため、このような事故を避けるためには見通しの良い交差点ほど相手の認識が遅れてしまうということを頭に入れておけば、事前に交差点の手前で速度を落としたり動いている車がいないかを注意深く判断することができるので、見通しが良いからといって油断をせずにこのような錯覚があるということを覚えておくと良いでしょう。

 

コメントは受け付けていません。