知ってる?前を走っている車が見えなくなる理由

さくらんぼ間やトンネルの中を車で走行する際には、前方の安全を確認するためにヘッドライトを点灯する必要があります。
このヘッドライトは、自分の進行方向の安全を確認する目的の他、他の車輌から自分の存在を認識してもらうという役割も持っています。
しかし、このヘッドライトの明かりも、状況によってはかえって視界を妨げてしまうということもあります。
夜間やトンネルの中での運転の際に発生する現象として、蒸発現象と呼ばれるものがあります。
これは自分のライトの明かりと、対向車のライトの明かりが向き合うことで、乱反射を起こしてしまい、前方の視界を大きく遮ってしまうものです。
歩行者や他の車輌が前方に存在している際に、この蒸発現象が起こってしまうと、対象物が周囲に溶け込み、存在を確認できなくなってしまいます。
走行中にこの現象が起こってしまうと、歩行者や前方の車両に衝突してしまい、重大な事故を起こしてしまう危険性があります。
特にライトをハイビームに切り替えているときは、この現象が起こりやすくなるため、対向車が近づいている際にはライトを下向きに切り替えるなどの対応をすることが必要となります。
また、対向車のライトからわずかに視線をそらすなどして、まともに光源を見ないようにするのも有効です。

コメントは受け付けていません。