注意!二輪車は小さい!実際よりも遠くに見えてしまう

車で出かけていると二輪車と事故を起こしそうになったという経験がある人も少なくないでしょう。特に左折の時の二輪車の巻き込み事故に対して危険を感じたことのある人は多いでしょう。車でサイドミラーのみで確認を行い曲がる人は特に注意が必要です。自分がまだ遠いと感じていても実際はそれ以上にバイクが近くにいる場合が多いからです。車に比べバイクは小さいです。そのため、ミラー越しに車と比較してみると遠近法によりバイクは遠くにまだいるように見えてしまいます。遠くにいるように見えるだけならまだいいのですが、速度も車の速度に比べゆっくりした速度に見えてしまい巻き込み事故に繋がってしまいます。そのため、バイクが確認できた時には必ず目視でしっかりと距離 感覚と速度の感覚をつかみ、安全を確認することが重要です。バイクと車でバイクは交通弱者にあたります。そのため、交通事故を起こした場合に過失の割合も車の方が高くなりがちです。つまり、バイクが悪くても過失の割合が車の方が不利になる場合もあるということです。バイクを事故に巻き込まないためにも十分な目視による安全確認を行い進むことが、セーフティードライバーとして運転するうえで必要です。

コメントは受け付けていません。